よくあるご質問 | printtire.jp

よくあるご質問【Q&A】

印刷はどれくらいの期間もちますか?

タイヤの使用環境によって異なりますが、プリントタイヤは通常使用で1年以上楽しむ事が出来ます。
プリントが剥がれて無くなってしまうような事はありませんが、汚れや劣化はございます。
側面を段差などで削らないような安全運転とこまめな洗浄がデザインを長く楽しむコツです。

印刷が剥がれたりしませんか?

プリントタイヤはタイヤ専用に開発された塗料を使っていますので簡単には剥がれません。ただ、縁石にこするなど強い摩擦があると削れてしまいます。また、有機系の溶剤(シンナーなど)も印刷が取れてしまいますので注意が必要です。

どうやってお手入れすればいいの?

プリントが汚れてきたらタイヤの洗浄が必要です。

①中性洗剤をよく泡立ててください。

②タイヤブラシや歯ブラシを使ってタイヤの溝にそって洗います。

(※擦れなどで印刷が欠けている部分がありましたら優しく洗ってあげてください。)

③水でよく洗剤を流します。

④汚れが落ちにくい時は上記の作業を複数回に分けて洗ってください。

どうやって印刷しているの?

タイヤ専用のプリンターでタイヤ専用塗料を使ってインクジェットプリントしています。タイヤを平置きして回転させ、温めながらドットプリントしていきます。

タイヤを持ち込んだらすぐ印刷してもらえますか?

基本はタイヤをお預かりしての作業となります。

発送目安はデザイン確定・タイヤ到着後4日〜1週間程度です。

プリントタイヤを印刷するにあたっては、新品・中古問わずタイヤを洗浄して側面の油分を除去したりする下処理が必要となります。プリントタイヤの出来を大きく左右する工程ですので、余裕を持ってお預かりし、作業しています。

どんなタイヤサイズでも出来るの?

印刷したい部分の直径が320mm~850mm以内であれば印刷できます。

自動車だけでなくバイクのタイヤも印刷可能です。

ホイール付のタイヤでも印刷できますか?

ホイール付、タイヤのみどちらでも印刷可能です。
※特殊塗装、高級なホイールの場合はタイヤのみにてお預かりいたします。

洗車機にかけても大丈夫ですか?

ガソリンスタンドにおいてあるような自動洗車機にかけてもプリントには問題ありません。

タイヤワックスを使ってはいけないのはなぜですか?

タイヤワックスをつけると、汚れをよせつけてしまい、プリントが見えなくなるほど真っ黒に変色してしまいます。そうなると洗っても汚れが取りきれないのでタイヤワックスは使用しないで下さい。

おすすめカラーはありますか?

黄色が一番映えるのでおすすめです。
プリントタイヤはドットプリントなので「赤」「黄」「青」など濃い発色が特に綺麗に仕上がります。逆に黄緑色は不得手です。

金色や銀色、パールなど光沢を出すような印刷は出来ません。

白色も人気ですが、新品タイヤに施工すると油分の関係で少しくすむ(オフホワイト程度)場合がございます。

同じデザインでもタイヤによって印象が変わるのはなぜですか?

タイヤのメーカーやパターンによって側面のデザインが違います。

タイヤ側面の凹凸によってデザインの印象が変わって見えることがあります。

キャラクターやタイヤメーカー名、ロゴを印刷してもらえますか?

法令順守の観点からプリントタイヤ.jpでは商標権のあるキャラクターやロゴのプリントはお受けしておりません。

ただし、お客様で著作元にライセンス使用許可を受ている場合に限り、お持ち込みデザインでの印刷は可能です。